窓断熱なら樹脂サッシの複層ガラスがオススメ

こんにちは、せんかです。
省エネ住宅ポイントが始まります。
先日、国土交通省 省エネ住宅ポイント事務局より、
「省エネ住宅ポイントのホームページ」が開設されました。
http://shoenejutaku-points.jp

省エネ住宅ポイントのことがわかりやすく解説してあることのほかに、
申請書類などもこのホームページにてダウンロードできます。(3月10日より)

対象のエコリフォームのページの一番はじめにも①窓の断熱改修とあるように、
いま、国を挙げて窓の断熱リフォームをひろく薦めているんですね。

なぜ窓の断熱なのか…。
実は窓は家の中で一番大きな開口部=熱が外へ逃げたり、逆に外の暑さを取り込んでしまう場所なのです。

床、壁、天井に断熱材をしっかりといれていても、
窓に何の対策もしていなければ、窓は一番熱の出入りのある場所となってしまうのです。

とくに「アルミサッシの断熱性が低い」ということが挙げられます。
アルミサッシは熱を通しやすいため、例えば冬場などでは、
部屋の中なのにアルミサッシの部分だけが凍っている、
そんな光景が見られたりするのです。

最近の窓のサッシは「高断熱の樹脂サッシ」などになっていて、
熱伝導率がアルミと比べて1000分の1という断熱性を持っています。
さらに複層ガラスなどと組み合わせることで、より高い断熱性を得ることも可能なのです。
樹脂サッシの2重、もしくは3重(トリプル)ガラスというのも見られます。

窓の断熱リフォームなら、省エネ住宅ポイントがはじまる今がチャンス!
断熱のご相談ならアイギハウジングリフォームしま専科まで是非!