借主負担DIY型 思い通りのリフォーム

こんにちは、せんかです。
アパートなど賃貸住宅を借りた場合、
「借主が借りたときの状態に戻す義務」を負うことになり、
内装を思い通りにリフォームしたくても、できないと感じることが多くないですか?

模様替えしたいけど、また後から元に戻さないといけないなら…やめておこう
このトイレの扉に鍵をつけたいけど…やめておこう

しかし、本当は、
「自分で好きなようにリフォーム、リノベーションしたい」という人もいいるはず。

今回、国土交通省が提示した新しい契約形態では、
こんな我慢をしなくても、快適に、思い通りにカスタマイズDIYをして、暮らせることができるかも。
それが「借金負担DIY型」という契約形態です。

「安く借りて自分好みに模様替え 借金負担DIY型」

貸主のメリット
・現状のままの状態で貸すことが可能となる
・借主が自費でDIY等を行うことから、長期間住んでくれる可能性がある
・退去時には、貸出時よりも設備等の価値が上がっている可能性がある

借主のメリット
・持ち家のように自分の好みにできる
・自費でDIYするから賃料を安くできる
・退去時に原状回復費用を取られない

空き家に関する取り組みは、徐々に増えてきています。
家ではリフォームは出来ないかも…と諦めている方がいましたら、
一度ご相談ください!
リフォームで住みよい暮らしを手に入れませんか?