リフォームコラム
--Column--

まだまだ暑い今だからこそ! 省エネリフォームのススメ!

2017年8月24日

猛暑が予想された今年の夏。序盤は不安定な天気が続いたものの、10月ごろまでは例年よりも高い気温で推移すると予想されています。まだまだ暑い季節だからこそ、検討したいのが省エネリフォームです。既存の住宅の住み心地をアップさせるために、省エネリフォームは効果的な方法。私共アイギハウジングが提案する、省エネリフォームについてお伝えします。

 

e3f88c2d689bf5e81e644b07f36aa64f_s

 

省エネリフォームは「窓」からスタート!

 

省エネリフォームを検討するなら、まずは「窓」のリフォームを検討するのがオススメです。日本の住宅は、風通しを良くするために大きな窓が設置されているケースも多いもの。中津川市や恵那市周辺を散策していても、こうしたタイプのお宅をよく見かけます。もちろん窓は、気持ちの良い風や明るい光を届けてくれる重要な存在です。しかしその一方で、昔ながらの窓ガラスの場合、熱の出入りも激しいことがわかっています。

 

いくら部屋の中をエアコンで冷やしたとしても、窓から熱い空気が入ってきたら、効率が悪くなってしまいます。「窓の近くに行くとなんだか暑い」と感じる場合には、窓の断熱性能が低いことが考えられます。窓ガラスやサッシを交換するだけで、室内の温度の上昇を緩やかにできる可能性があります。アイギハウジングでは、ガラスをペアガラスに交換する他、窓の内側にもう一つ内窓を付けるリフォームも行っております。手軽に二重構造を実現することができ、家の断熱性能を高められます。

 

「そこまで大きな工事はしたくない」という場合は、窓の外側にスタイルシェードを取り付けるだけでも効果が期待できるでしょう。夏の暑い時期とはいえ、木陰に吹く風は心地よいものです。ほんのひと手間加えるだけですが、窓辺での生活をより快適に、そしてより充実させてくれるはずです。家族が自然と集いたくなる空間を作れます。

 

断熱材をパワーアップ

 

1432d2f313775229dddd215e013d6584_s「窓のリフォームだけでは物足りない」と思う場合には、断熱材を入れるというリフォームもオススメです。天井や床下に断熱材を入れれば、少ないエネルギーでも、効率よく室内を快適に保てます。

 

中津川市や恵那市には、昔ながらの家もまだまだたくさんあります。このような場合、まったく断熱材が施工されていないケースもあるので注意してください。床下に断熱材を施工するリフォーム工事は、1日で施工を完了できるケースも多いです。夏の暑さだけではなく、冬の寒さ対策としても有効なリフォームメニューなので、ぜひ検討してみてください。

 

キッチンでの作業、辛くありませんか?

 

d11741b174a0cdd92960dbd5c48daffa_s夏の暑さが辛いと感じる瞬間について聞いてみると、「家の中で、キッチンに立って食事の準備をしているときが辛い」というお声を耳にします。調理をする際に、「火」は欠かせないものです。しかしその熱量は非常に大きく、食べ物だけではなくその周辺の空気まで温めてしまうという特徴があります。

 

 

このような場合には、IHクッキングヒーターへのリフォームを検討してみてください。IHクッキングヒーターは、内部に渦巻き状のコイルが使われています。ここの高周波の電流を流すことで、熱を発生させる仕組みになっています。この熱は直接鍋とその中身へと伝わりますから、外部に逃げ出す量は非常に少なくなっています。このため、ガスを使って調理をするよりも、周辺の空気を温めにくいという特徴があります。

 

夏場のキッチンで調理をしていても、火による影響を受けにくいので「涼しくなった」と感じる方も多くいます。エアコンや扇風機の心地よさも、充分に体感できるようになるでしょう。私共、株式会社アイギハウジングでは、IHクッキングヒーターとエコキュートの同時リフォームにより、オール電化の実現についても積極的に提案しております。

 

省エネでお財布にも優しい

 

最後に紹介するのは、省エネリフォームによるメリットについてです。家全体の断熱性能を高めれば、室内の温度を一定に保ちやすくなります。当然「家の中の居心地が良い」と感じる機会も増えることでしょう。

 

しかし省エネリフォームによるメリットはそれだけではありません。これまでと同じ室温の環境を作りだすために必要なエネルギーが減れば、その分光熱費の負担が減るということでもあります。もちろんリフォームには費用がかかりますが、その後のランニングコストによって、少しずつ取り返していけることでしょう。将来的な試算を含めると、必ずしも「高くて手が出ない」ということはないはずです。

 

中津川市や恵那市では、都市ガスと比較して割高なプロパンガスを利用しているご家庭も多いはずです。IHクッキングヒーターとエコキュートを採用しオール電化住宅になれば、光熱費の支出を「電気代」一本に絞り込むことが可能です。どれくらいお得になるのか気になったら、まずはアイギハウジングへとご相談ください。気になることを、しっかり、そしてじっくりと解決していきます。

 

まとめ

 

暑さが厳しい今年の夏は、体力的に厳しさを感じる方も多いことでしょう。とはいえ一年の中でもっとも暑さが厳しい時期だからこそ、大切な家の性能について真剣に考えるチャンスだとも言えます。今年こそは思い切って、省エネリフォームについて、家族全員で検討してみてはいかがでしょうか。家全体を長持ちさせるためのコツとしても、有効な方法です。また、冬の寒さを迎える前に対策ができること、大きなメリットにもつながるはずです。

リフォームコラム一覧を見る