リフォームコラム
--Column--

夏に向けた省エネ対策 遮熱断熱リフォーム

2016年7月23日

エアコンをつけてもなかなか室内の温度が下がらない……。

そんな時は遮熱・断熱リフォームの検討時期かもしれません。夏に向けた省エネ対策「遮熱断熱リフォーム」についてご紹介します。

 

JAXAの技術を生かした「GAINA(ガイナ)」による遮熱・断熱リフォーム

 

JAXAの技術を生かした「GAINA(ガイナ)」による遮熱・断熱リフォーム

 

宇宙ロケット開発技術を生かして作られたのがGAINA(ガイナ)という塗装断熱技術です。GAINA(ガイナ)の断熱温度はマイナス100度から150度まで。夏場の高温にも耐えられ、かつ冬の厳しい寒さにも耐えられる塗装技術です。

 

またこの塗装技術は経年変化が少なく一般環境下では15~20年の間塗り替えを行わずに済むという特徴もあります。一般的に家の塗装は10年サイクルで塗り替えが必要とされています。通常塗装に比べて1.5~2倍持ちが良いのもGAINA(ガイナ)の魅力です。

 

GAINA(ガイナ)のカメレオン効果とは?

 

GAINA(ガイナ)の塗装技術の特徴に「カメレオン効果」というものがあります。カメレオン効果とは、周囲の温度に素早く同調し温度差をなくしていく効果です。

 

例えば室内にGAINA(ガイナ)を塗布した場合、夏場はエアコンの冷たい空気にGAINA(ガイナ)が素早く同調してくれるため、冷やした室内の空気が壁や天井からくる熱気によって温まりにくくなり、室内を冷たいままの状態で保ちやすくなる特徴があります。また冬場は室内の暖かい空気にGAINA(ガイナ)が素早く同調してくれるため、室内を一定の温度で保温してくれます。

 

屋外にGAINA(ガイナ)を塗布した場合、GAINA(ガイナ)の特殊セラミックが太陽光に含まれる赤外線を反射し、たまった熱を遠赤外線効果によって放出してくれるため、外壁や屋根に熱がたまりにくく室温の上昇を防いでくれる効果があります。

 

エアコンによって空気を冷やした場合、もしくは温めた場合、室内の体感温度は外気温によってかなり左右することがあります。
それは外壁や屋根が外気温や太陽光による熱の影響を受けやすくなるためです。GAINA(ガイナ)は外気温と太陽光からくる建物の温度上昇や冷却を防いでくれるため、いつでも快適な室内環境を作るのに役立ってくれます。

 

ちなみに夏場は室内にGAINA(ガイナ)を塗布するだけで体感温度3度の低下、冬場は逆に3度ほど体感温度上昇が見込めます。
GAINA(ガイナ)は、外気温からくる室内の温度上昇、または温度低下を防いでくれ、エアコンで設定した温度そのままの状態に室内を保ちやすくなります。

 

GAINA(ガイナ)なら、ハウスダスト対策も可能!

 

2.■GAINA(ガイナ)なら、ハウスダスト対策も可能!

さらにGAINA(ガイナ)には、空気中に漂う静電気の除去や匂いを抑えるという効果もあります。GAINA(ガイナ)の塗膜面は特殊セラミックとなっており、このセラミックは遠赤外線を効率的に放射するという特徴があります。この遠赤外線は水分子を振動させ、水の粒子を細かくするという特徴があり、これが空気中に漂う水分子を細かくしてマイナスイオンにしてくれます。

 

マイナスイオンは室内の静電気を除去し、静電気によって匂いの原因物質が浮遊し、室内のあちこちに付着してしまうのを防いでくれるため、結果的に室内の消臭や汚れ防止につながるのです。室内に漂うホコリやチリ、花粉はハウスダスト・アレルギーの原因にもなる物質。GAINA(ガイナ)はこれらの物質が浮遊しにくい室内環境を作ってくれるため、ハウスダストによる影響を防ぐのにもお勧めの塗料です。

 

GAINA(ガイナ)なら騒音・結露も防いでくれる!?

 

3.■GAINA(ガイナ)なら騒音・結露も防いでくれる!またGAINA(ガイナ)の塗膜面は特殊セラミックを使用しており、通常塗料よりも細かい凹凸が多いため、外壁に塗った場合外気に接する部分の表面積が広くなるという特徴があります。表面積が広くなると、それだけ外からくる音の反射率が高くなるため騒音対策にも役立つのです。

 

さらにGAINA(ガイナ)はカメレオン効果で周囲の温度にすばやくなじむという特徴があり、これが外気と室内の温度差によってできる結露を防いでくれます。断熱性能が高くなるGAINA(ガイナ)ですが、騒音対策やハウスダスト対策、さらには結露対策まで幅広い効果が見込める塗料です。
宇宙でも使われている優れた技術を、ぜひご家庭でも実感してみてください。

 

省エネ対策におススメ! アサヒペン「遮熱塗料シリーズ」

 

外気や太陽光からくる室温の上昇を防ぐのに、もうひとつお勧めなのがアサヒペン「遮熱塗料シリーズ」です。こちらの塗料は太陽光にふくまれる赤外線を反射してくれる塗料で、屋根や外壁の温度上昇を防いでくれる効果があります。通常の塗料に比べ、水性屋根用遮熱塗料は3~15度、水性屋上防水遮熱塗料なら9~13度、水性外かべ凹凸遮熱塗料なら4~15度程度、表面温度を低く抑えることができます。

 

また屋根用・屋上用塗料の中にはHALS(紫外線劣化防止剤)が配合されており、耐候性にもすぐれている特徴があります。
外壁塗料には防カビ剤、防藻剤が配合されており、外壁につきやすいカビや藻をつきにくくしてくれる効果もあります。

 

またこちらの塗料シリーズで注目なのが、コスパの良さです。GAINA(ガイナ)の場合、当社では1㎡あたり4,000円(税込)~となっていますが、アサヒペン遮熱塗料は1㎡あたり2,500円(税込)から承っております。優れた性能の遮熱・断熱塗料をお望みであればGAINA(ガイナ)を、コスパの良さで選ぶならアサヒペン遮熱塗料シリーズがお勧めです。

 

暑い夏こそ屋根や外壁の「断熱性能」が快適な室内温度を保つのに役立ちます。

 

中津川市・恵那市にお住まいの方で遮熱・断熱リフォームをご検討中であれば、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

リフォームコラム一覧を見る