リフォームコラム
--Column--

塗装リフォームで失敗しない色選びのポイント!

2017年6月30日

bec0e865aa6c19c072fad3e578af52d5_s

 

家の寿命を長くするためには、定期的にメンテナンスをすることが大切です。特に外壁は、雨や紫外線といった強烈な刺激から、家族の生活を守ってくれる部分です。新築後10年も経過すれば、コーティングが劣化し、手入れが必要になるケースも多いものです。こんなとき、検討したいのが塗装リフォームですが、機能と共に気になるのが「色」について。塗装リフォームのカラーリングで、「失敗した……!」と思わないためのポイントを紹介します。

 

「好きな色だから」はNG

 

1f9fb4d5ee757dfdf0db4b8811591ab6_s塗装リフォームをする際には、家の外観の雰囲気を、ガラリと変えることも可能です。色選びの自由度は非常に高く、魅力もいっぱい! とはいえ選択肢が多い分、「どんな色を選べばよいのか迷ってしまう」という方が多いのも事実です。

 

一度塗り替えを行ったら、次の10年はそのまま過ごしていくことが予想されます。もう一度塗り直しをする場合には、数十万円ほどの痛い出費となってしまいますから、色選びは慎重に行う必要があるでしょう。

 

ときどき、「自分が好きな色だから、ぜひ外壁にも取り入れたい」というご意見を耳にすることもありますが、それだけでカラーを決定するのは極めて危険です。自分や家族が好きな色だからといって、住宅の外壁にふさわしい色だとは限りません。特に中津川市や恵那市は、地域住民同士のつながりも強い地域です。自分の好みだけで突っ走るのではなく、周囲との調和もきちんと意識しておくと安心です。

 

バランスが重要です

 

外壁塗装のリフォームを終えた建物を見て、「あの建物は成功だな」「正直、前の方が良かった」なんて感想を抱いた経験はありませんか? 色が人に与える影響は、非常に大きいものです。色選びやバランスのとり方で成功している家は、「より一層素敵になった!」と評価してもらえるでしょう。しかし一方で、非常に残念な印象になってしまうことも……。こうしたケースでは、色選びだけではなく全体のバランスで失敗している可能性が高いです。

 

塗装リフォームを行う場合でも、色の変更ができない場所は存在しています。サッシや窓、玄関ドアなどがそれにあたります。塗装で色を変えたあと、これらの色味との調和がとれるのかどうか、事前によく考えておきましょう。また近年は、家の外観をツートンカラーにしたりアクセントカラーをとりいれたりするケースも増えてきています。二色使いで成功させるためには、色の組み合わせからどんな印象を受けるかを事前にチェックしておくといいでしょう。

 

また塗り分け方法についても、さまざまなバリエーションで検討してみてください。アクセントカラーを取り入れる場合には、やりすぎないことがコツとなります。目につくワンポイントに取り入れるだけでも、非常に効果的です。

 

塗り替え時に人気が高い、定番カラーとは?

 

342aae12f90411f99b00f047b1551bd1_sさて、では実際に塗装リフォームを行う際に、人気が高いカラーはどのようなものなのでしょうか。近年は比較的淡い色合いが人気を集めており、ベージュ系やホワイト系、そしてグレー系を選択するお客さまが多いです。7割近くのお客さまが、この三色の中から塗り替え色を決定しているというデータもあります。

 

淡い色合いは、洋風の町並みにも和風の町並みにもなじみやすいものです。また周囲に対して、圧迫感を与えることもありません。汚れが気になる場合には、ホワイト系よりもベージュ系やグレー系を選択するといいでしょう。

 

見え方は入念にチェックしよう

 

塗装リフォームでどのような色にしたいのか、ぼんやりと定まってきたら、次は「実際に塗装をしたときの見え方」について検討する必要があります。失敗を防ぐためには、このステップを疎かにしてはいけません。通常、塗装カラーを決定する際には、小さい見本を比較することが多いでしょう。しかし色の見え方は、面積によって変わってしまいます。できるだけ大きな見本を用意してもらい、確かめる必要があります。最低でもA4版以上のサンプルを用意してもらいましょう。できれば「紙に色を印刷したもの」ではなく、「壁素材に実際に色を付けたもの」がお勧めです。

 

また、室内と屋外では色の見え方に違いがあることも。できるだけ、「実際に塗装したときの見え方」に近いシチュエーションで、各種見本を見比べてみてください。気に入る色がなければ、最初の段階に戻る勇気も大切です。どんな仕上がりになるのかうまく想像できないときには、パソコンのソフトを活用してみてください。外壁の色を変えて、シミュレーションすることが可能です。特にツートンカラーやアクセントカラーを採用する場合、目で見える形にすることでイメージの共有にもつながります。家族の意思を統一する際にも、便利に使えることでしょう。

 

まとめ

 

塗装リフォームでの色選びは、楽しくもあり、また悩ましくもあるポイントの一つです。外壁の色は、家の第一印象を決める重要なポイントですから、後悔しないためにも、事前にしっかりと検討するのがお勧めです。外壁塗装を検討するときには、つい機能面や価格にだけ目を向けてしまいがち。しかし自分たちの大切な住まいを愛し続けていくために、ぜひデザイン面にもこだわってみてください。わからないこと、不安なこと、そして色選びのポイントについて気になることがあれば、ぜひ私ども株式会社アイギハウジングのスタッフまで、お気軽にご相談くださいね。

リフォームコラム一覧を見る