リフォームコラム
--Column--

塗り壁ってどうやってメンテナンスするの?

2020年11月30日

一般的な住宅の外壁は「サイディング」、「タイル」、「塗り壁」の3種類がおもに用いられています。その中でも今大人気なのが「塗り壁」を取り入れた住宅。職人によって変わる「同じデザインがひとつもない」魅力や、自然素材の風合いを楽しむことができ、さらに耐火性や調湿性にも優れていますので、お洒落で健康的な住宅になると注目されています。

 

そんな塗り壁のある家で、長く快適に暮らせるのに大切なメンテナンスについてお話します。

 

 

繊細な塗り壁だから高圧洗浄機はNG

 

塗り壁は職人が手作業で作り上げていくものなので、繊細で汚れや衝撃には弱いところがあります。またその材質に合わせたメンテナンスが必要になります。

 

まず塗り壁は水洗いには向きません。タイル壁などであれば高圧洗浄機で汚れを落とすことができますが、塗り壁はひび割れや欠けの原因にもなるので高圧洗浄機など汚れを水で洗い流すといったメンテナンスは不向きで、絶対にNGです。

 

塗り壁に安心なメンテナンス方法

 

そんな塗り壁に安心なメンテナンス方法は、「消しゴム」と「サンドペーパー」です。小さな汚れであれば消しゴムやサンドペーパーで削り取ることが出来るので、水も使わず安心・お手軽なメンテナンス方法のひとつです。

また汚れではなく欠けやひび割れがある壁には、塗り直しがベストです。塗り直しと聞くと大がかりなものを想像してしまいますが、少しの箇所・ちょっとした場所であれば、同じような素材を探し、ご自身で補修することもできます。

 

メンテナンスの時期

 

ちょっとしたメンテナンスは自分で行える塗り壁ですが、基本的に10年間はメンテナンスフリーといわれております。ひび割れができてしまった壁の一部のみをDIYで修繕できますが、ひび割れの原因のひとつに下地の施工不良などがある場合もあります。

その場合、一部を直しても再発する可能性があるため、10年を目安に一度業者に相談することをオススメします。

 

 

まとめ

 

今回は塗り壁のメンテナンスについてお話しました。長く快適に過ごすためにも、自分で行えるメンテナンスと業者にお願いするメンテナンスの見極めは重要といえます。

 

アイギハウジングでは、岐阜県瑞浪市・恵那市・中津川市エリアを中心に、リフォーム専門業者としての高い実績と確かな技術があります。

 

ぜひお気軽にご相談ください。

リフォームコラム一覧を見る