リフォームコラム
--Column--

40代のお客様必見! 同世代に人気のリフォーム内容とは?

2017年4月27日

80bc715931a7e4a93be80b96f0c553fa_s

 

家族が長い期間生活してきた家には、特別な「思い」が宿るものです。そうした「思い」を大切にしながら、新しいステージへと一歩踏み出すために、近年はリフォームを検討する方も増えています。リフォームと言えば、以前は50代から60代にかけてのお客様が多いものでした。20代後半から30代にかけて手に入れたマイホームの劣化が気になり始める時期だからです。

 

またお子さまが巣立ち、教育費の支出がなくなったことで、家計に余裕が生まれがちである点も、大きな影響を与えているのでしょう。しかし近年は、40代で自宅のリフォームを決行するお客様も増えています。40代という時期に人気が高いリフォームの内容とは、いったいどのようなものなのでしょうか。

 

まだまだ子育て中の40代! より快適な空間を目指して

 

家を購入するときには、自身と家族の希望をしっかりと見つめ、計画を練る必要があると言われています。それができるのが、注文住宅ならではの魅力。岐阜県中津川市や恵那市周辺の地域でも、ピカピカの新築一戸建ては、やはり人気です。しかし、家を建てるタイミングで、今後の生活のすべてを予想することは、決して簡単ではありません。

 

近年は晩婚化の影響で、家族の形が定まる時期も以前より遅くなってきています。家を建てるときには、自分の望み、家族の望みを確定できないことも多くあるでしょう。とはいえ、住宅ローンを利用することを考えると……「いつまでも待つ」というわけにはいかないのも事実なのです。こうした思いにこたえるため、近年ではリフォームメニューをフル活用する方も増えています。

 

平成28年度に行われた「第14回 住宅リフォーム実例調査」の結果によると、40代でリフォームを実施したお客様の6割以上が、「使い勝手の改善、自分の好みに変更するため」と回答しています。これは、「住宅、設備の老朽化や壊れたため」という意見を上回るもので、40代でのリフォーム傾向を端的に表しています。

 

40代で人気のリフォームは、「必要に迫られて、仕方がなく行うリフォーム」ではありません。「今の自分、そして家族とのこれからを考えた上で、より快適な空間を作るためのリフォーム」という、非常に前向きな気持ちがうかがえるものだと言えるでしょう。

 

近年では、「最初は子ども部屋を広くつなげておき、後で間に壁を作る」といった手法や、「アクセントクロスで理想の空間づくり」という意識も根付いてきています。また40代と言えば、仕事をバリバリ頑張りたい時期でもあります。自分だけの書斎空間を――と求める気持ちは、決してワガママではないはずです。

 

最初からリフォームを前提として家づくりを楽しむ方にとっては、「40代で行うリフォーム」は予定通りの工事だとも言えそうです。40代と言えば、まだまだ子育て真最中という方も多いことでしょう。家族の形に合わせて、「リフォームで家を完成させる」のもオススメですよ。

 

中古住宅購入⇒リフォームという流れも

 

b7157ef0dc6c0f4011484365b103d2eb_s中津川市や恵那市では、まだまだ「新築一戸建て」の人気は根強いものがあります。しかし全国的な流れを見てみると、「中古住宅を購入して、リフォームをする」という手法も人気を集めてきています。中古住宅を購入するメリットは、ズバリ価格が安いことだと言えるでしょう。そこにリフォームで手を加えることで、自分たち家族にとってピッタリの形を模索していけます。

 

中古住宅の場合、古いものかもしれませんが、設備は一通り備わっているケースがほとんどです。自分たちの予算に合わせて、手を加えるところと、とりあえずそのまま使うところを分けられるのも、メリットの一つと考えられます。

 

一戸建ての場合、40代でリフォームをした人の約1割が「中古住宅の購入に合わせて」と回答しています。マンションの場合、約3割がこの理由を選んでいますから、人気のリフォームの形の一つと言って良いでしょう。40代からの新築一戸建て購入は、住宅ローン借入期間や老後資金について考えると、決して簡単に決断できることではありません。それと比較すると、「中古住宅購入+必要に応じてリフォーム」というメニューは、手が届きやすいことも多いのでしょう。事前に信頼できるリフォーム業者を見つけておけば、安心して中古住宅の購入に踏み切れるはずです。

 

エコリフォームメニューも人気!

 

d139a98c14c872883db9a9b9a93989a7_sもう一つ、40代に人気のリフォームメニューと言えば、省エネ性能をアップさせるための各種工事です。夏に涼しく、冬暖かい家は、やはり人気が高いもの。冷暖房にかかる光熱費も大幅に削減できますから、今後の生活費ダウンを狙えるリフォームメニューでもあります。

 

「第14回 住宅リフォーム実例調査」の結果によると、40代でリフォームをした理由に「省エネルギー化、冷暖房効率の向上等を図るため」と回答した人は、一戸建てで約4割、マンションでは2割程度となりました。特に一戸建ては広さがあり、マンションと比較すると気密性が低くなってしまうもの。より快適な空間を求めて、リフォームを検討する方も多いようです。

 

具体的なリフォーム内容としては、既存の窓ガラスをペアガラスに交換したり、内窓を取り付けたりするものがあります。このほかにも、床からの冷えが気になる場合には、現状の床の下に断熱材を入れて、保温効果をアップさせるリフォームが人気です。同様に屋根や外壁の断熱性能を高めるリフォームメニューも注目を集めています。

 

これらのリフォームは、今後まだまだ支出が増えることが予想される40代だからこそ、積極的に実践したいリフォームだと言えるでしょう。快適な空間を手に入れ、なおかつお財布にもやさしい生活ができるとなれば、メリットもたくさんです。エコリフォームに関する技術は、常に成長を続けているもの。自宅で気になる問題点について、ぜひ信頼できるリフォーム業者に相談してみるのがオススメです。

 

まとめ

 

40代で人気のリフォームは、非常に前向きな気持ちで、快適な空間を手に入れるためのリフォームです。今後、まだまだ家族一緒の生活を楽しみたいからこそ、リフォームをするチャンスの時期と言えるのかもしれませんね。恵那市や中津川市、その近郊地域で、「我が家もそろそろ……」と思った際には、ぜひ私ども株式会社アイギハウジングにお任せ下さい。

 

出典:平成28年度第14回住宅リフォーム実例調査
http://www.j-reform.com/publish/pdf/jitsurei-H28.pdf

リフォームコラム一覧を見る