リフォームコラム
--Column--

リフォームは、「今後」のことも考えてノンメンテナンスリフォームを!【外壁・屋根編】

2018年9月28日

住宅を購入するとき、またリフォームを行うときには、「どんな素材を使おうかな?」と悩むことも多いですよね。機能的に優れている商品を選ぼうとすれば、やはりコストアップは避けられないでしょう。とはいえ、「今後のメンテナンス」という側面から考えると、「あえて今、高い方を選択しておいた方が、のちのち得になる」なんてケースも珍しくないのが、リフォーム業界の特徴でもあります。

 

今回は話題のノンメンテナンスリフォームについて、外壁・屋根について紹介していきます。リフォーム検討中の方は、ぜひチェックしてみてください。

 

 

まずはノンメンテナンスリフォームの特徴から

 

ノンメンテナンスリフォームとは、リフォーム時に選択する材料や施工方法に工夫を凝らすことで、今後のメンテナンスの負担を軽減する、というものです。住宅を購入してから十数年が経過すると、メンテナンスリフォームにかかる費用も徐々に増えてくるでしょう。「まさかこんなにかかるなんて、新築時には予想していなかった!」なんて語る方も、少なくないのです。

 

近年では、メンテナンスフリーをうたう各種製品は数多く登場しています。これらはもちろん、リフォーム時にも導入は可能です。通常のメンテナンス有リフォームと比較して、工事費用は高くなってしまいがちですが、今後のメンテナンスは格段に楽になります。今後ずっと同じ家に住み続けていくのであれば、総合的な負担金額を軽減できる可能性も高いです。

 

さて、そんなノンメンテナンスリフォームで、特に人気が高いのが外壁と屋根に関わる工事です。どちらも、雨や風から建物内部を守るためのパーツで、定期的なメンテナンスを行うことが必須だと言われています。リフォーム時には足場を組む必要もあることから、費用も高額になりがち。だからこそ、ノンメンテナンスリフォームを選択するメリットも大きくなりやすいです。

 

外壁のノンメンテナンスリフォームとは

 

住宅市場において、残念ながら「永久にメンテナンスフリーの外壁」というのは、まだ存在していません。

しかしどのような素材、リフォーム内容を選択するのかによって、メンテナンスの頻度を少なくすることができます。

 

 

たとえば日本の住宅において、非常に多く使われている外壁材といえば窯業系サイディングです。サイディングそのものの機能を守るためには定期的に塗り替えが必要となりますし、またサイディング同士をつなぐシーリング材についても、定期的な補修が求められます。

 

特に負担が大きくなりやすいのが外壁塗装のリフォームですが、耐久性の高い高性能塗料を使った場合、リフォーム費用が100万円以上になるケースも少なくありません。一方で、ローコストを売りにしているアクリル塗料を使った場合、費用は60万円程度で納められます。「今」のリフォーム費用だけに目を向ければ、もちろん「安い塗料」の魅力度の方が高いでしょう。しかし安い塗料は長持ちせず、5年ごとの塗り替えが必要となります。

 

一方で高性能塗料の耐久性は、20年以上です。20年間の総リフォーム費用を考えると、高性能塗料が100万円程度で納まるのに対して、安い塗料を使った場合は240万円もかかってしまいます。外壁塗装リフォームは、住んでいる人にとっても負担の大きいリフォームです。こうした手間も軽減でき、さらに長期的に見たときのコストダウンにもつながるノンメンテナンスリフォームは、やはり魅力度が高いと言えるでしょう。

 

シーリング材においても同じことが言えますし、またリフォームの際に、「外壁材そのものを、よりメンテナンスフリーの製品に交換する」ということもできます。「今の出費」は大きくなるものの、これからの生活のことを考えると、賢い選択だと言えそうですね。

 

屋根のノンメンテナンスリフォームとは

 

屋根のメンテナンスにおいても、外壁のメンテナンスと同じことが言えます。現在、どのような屋根材を使っているのかによっても、メンテナンスの内容は大きく異なってきます。化粧スレートを使っている場合には、定期的に表面の塗装を行う必要があります。外壁塗装と同じく、多少高くても、質の良い塗料を使った方が、数十年単位で比較するとお得になるケースが少なくありません。

 

また、特に劣化が進んできている場合には、塗装だけでごまかすのではなく、思い切って屋根葺き替えリフォームを検討してみるのも良いでしょう。屋根塗装が25万円~40万円で済むのに対して、葺き替えリフォームを行おうとすれば、70万円~140万円ほどかかってしまいます。しかし屋根材の下の防水シートまで交換できるので、耐用年数は長く、新たに登場した機能性の高い屋根材を選択することも可能です。メンテナンスフリーの屋根へと近付けられるでしょう。

 

まとめ

 

外壁や屋根は、住宅の中でも特に傷みが目立ちやすい場所です。また適切なリフォームやメンテナンスを施さないまま放っておくと、家の躯体をボロボロにしてしまう可能性もあり、注意が必要です。

 

新築時には「10年後にメンテナンスが必要」と言われ、「まだまだ先だな」なんて思っていた方も、実際に住んでみると「あっという間」に感じるはずです。せっかくのリフォームのチャンスですから、ぜひ「これからのリフォーム・メンテナンス計画」についても検討した上で、賢い工事を検討してみてくださいね。

 

岐阜県恵那市・中津川市におけるノンメンテナンスリフォームなら、私共アイギハウジングが承ります。「どんなリフォームをすると良いの?」と疑問に思ったときも、お客さまそれぞれの状況に合わせてベストなご提案をさせていただきますから、ぜひご相談ください。

リフォームコラム一覧を見る