リフォームコラム
--Column--

ヒートショックをなくす家にリフォーム

2021年1月15日

「ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?厚生労働省の調査によると、入浴中に何らかのアクシデントで命を落とす人の数は年間で1万9,000人もいるとされており、その多くは「ヒートショック」が原因とみられています。

 

ヒートショックは冬場の冷え込んだ浴室や脱衣所、トイレなど、暖かい部屋と温度差がある場所で起こりやすくなっています。今回はヒートショックの原因や、対策としての断熱リフォームをご紹介します。

 

ヒートショックとは

 

ヒートショックとは、急激な気温の変化によって血圧が激しく上下して、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすリスクのことです。たとえば、暖房の効いた部屋から出て脱衣所に向かい、服を脱いで温かい湯船に浸かったケースを考えてみましょう。

 

暖かい場所から寒い場所へ移動すると、人間の体は熱が体外に逃げないよう、血管を細く収縮させます。血管が収縮すると、血液が流れにくくなって血圧が急上昇します。その状態で温かいお湯に浸かると、血管が拡張して急上昇した血圧は急激に低下します。とくに高血圧や糖尿病などの持病を持つ方や高齢者の方は、血圧の急激な変動に体が耐えられず、ヒートショックで心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすリスクが高くなります。

 

ヒートショックをなくすには家の温度差をなくすことが重要

 

ヒートショックをなくすためには、家の中の温度差をなくすことが重要です。温かい部屋から寒い脱衣所に移動したときの温度変化を軽減するために、まずは脱衣所に暖房器具を置くなどして対処しましょう。

 

また浴室が冷たい場合はシャワーを使って給油することで浴室の温度を上げる、お湯の温度を40度以下に設定するといった対処法もあります。次章では、より本格的なヒートショック対策として、家の断熱性能をアップさせるリフォームをご紹介します。

 

断熱性能がアップするリフォーム

 

断熱とは、簡単に言うと熱を伝わりにくくすることです。断熱リフォームは冬場に外の冷気から屋内を守り、また屋内の温かい空気が外に逃げにくくします。以下に家の断熱性能をアップさせるリフォームをご紹介します。

 

【窓を二重窓(内窓)にする】

内窓の設置:1ヶ所あたり5万円~15万円窓は、家の中でもっとも外からの冷気が侵入しやすい場所です。既存の窓に内窓を設置する「二重窓リフォーム」は、窓と窓の間に空気の層をつくり、外からの冷気が侵入しにくくして断熱します。

脱衣所や浴室の窓を二重窓にすれば、高い断熱性能を確保して、暖房の効いた部屋との温度差を小さくすることができます。

 

【浴室を最新のユニットバスに交換する】

在来浴室からユニットバスへ:60万円~150万円
ユニットバスを最新のものに交換:50万円~150万円

昔ながらのタイル張りの在来浴室は、冬場は室内が冷え込み、熱いお湯との温度差でヒートショックが起こりやすい原因となります。また、ユニットバスでも築年数の古い建物は、断熱材が施工されていない場合があります。最新のユニットバスは、浴室はもちろん、床・壁・天井が断熱構造になっており、熱が逃げにくく室温が一定に保たれます。ヒートショックがもっとも起こりやすい浴室は、後付けで浴室暖房を設置するよりも、丸ごと最新のユニットバスに交換したほうが、施工費・維持費ともに安く抑えられます。

 

【トイレを暖房付き温水洗浄便座に交換する】

費用の相場:2万円~10万円

実は、トイレも室内が寒いこと、便座がヒヤッと冷たいことから、ヒートショックが起こりやすい場所とされています。トイレにコンセントがあれば、もっとも手軽な対策として暖房器具の設置をおすすめします。コンセントがない場合や、車椅子や介護のためスペースを確保する必要がある場合などは、暖房付き温水洗浄便座に交換することで対策ができます。

 

まとめ

ヒートショックをなくす家づくりのためのリフォームをご紹介しました。

「家の中が寒くてなんとかしたい!」「高齢者がいるので寒い浴室では不安……」といったお悩みがありましたら、岐阜県瑞浪市・恵那市・中津川市エリアで断熱リフォームの実績が豊富なアイギハウジングにご相談ください。

リフォームコラム一覧を見る