リフォームコラム
--Column--

冬場に怖い凍結トラブル……対処法と予防法を紹介

2019年2月25日

水まわり設備は、私たちの生活にとって身近なものです。だからこそ、突然使えなくなってしまうと、非常に困ってしまいますよね。トイレやお風呂、水道などは、「故障」以外にも冬場は「凍結」というトラブルも付き物です。

 

岐阜県中津川市や恵那市は、夜間の冷え込みが厳しい地域でもあります。実際に凍結してしまったときには、どのような対処法を取るべきかをご紹介しましょう。

 

また同様のトラブルを今後起こさないために、どのような工夫が必要かについて、気になるポイントをお伝えしますので、快適な暮らしを守るためのヒントにしてみてくださいね。

 

 

トイレが凍結した場合の対処法

 

冬場に突然トイレの水が流れなくなったら、水が内部で凍結している可能性があります。水が氷になって詰まっているため、レバーを押しても水が流れない、状態になっているのです。

 

 

トイレの水が凍ってしまう条件は、おおよそ以下のとおりだと言われています。

 

 

・外気温が-4℃以下になるとき
・長時間、トイレを使わないとき
・寒い日が続いているとき

 

トイレを使って水を流せば、中の管の中で水が動くことになります。水が動けば凍結リスクは小さくなるのですが、非常に厳しい寒さの中や、そもそもトイレを使う機会が少なくなるときには、注意する必要があります。

 

凍結をそのままにしておくと、便器の割れやウォシュレットの故障につながってしまうので、注意しましょう。

 

万が一トイレが凍結してしまったときには、40℃から50℃程度のぬるま湯を使って、ゆっくりと溶かすのがオススメです。被害を最小限で食い止めやすくなります。熱湯を使うと水道管が破裂する可能性もあるので、避けるようにしてください。

 

事前に長期旅行などの予定が決まっている場合には、トイレタンクの内部を水抜きしたり、不凍液を入れたりして、あらかじめ凍結対策をしておくと良いでしょう。

 

お風呂が凍結した場合の対処法

 

トイレと同様、お風呂にも凍結リスクはあります。中津川市や恵那市においては、あまり耳にすることはありませんが、全く無縁のものというわけではありません。いざというときのため、知識を頭に入れておきましょう。

 

お風呂の凍結で多いのは、給湯器からお湯を供給するための管の内部でトラブルが起きているケースです。浴槽全体を温めることで、内部凍結を解凍できるケースもありますが、時間がかかってしまうことも。その際は専門の業者を手配して、対応してもらうのも良いでしょう。

 

お風呂の凍結を予防するためには、給湯器の凍結を予防するのが効果的です。水抜きの方法を覚えて、事前の対策をしっかり行うことで、トラブルを避けることができます。

 

水道が凍結した場合の対処法

 

周辺の環境や気候条件によっては、トイレやお風呂だけではなく、水道全体が凍結してしまう可能性もあります。「蛇口をひねったのに水が出ない!」となれば、困ってしまいますよね。

 

水道が凍結した場合は、水道管が外部にむき出しになっている部分でトラブルが起きている可能性が高いと言えます。その際は水道管にタオルを巻いて、その上からぬるま湯をかけてゆっくりと解凍していきましょう。

 

室内であれば、部屋全体を温めたり、ドライヤーの熱を優しく当てたりすることで解凍できる可能性もあります。

 

また日中の気温が高くなることが予想される場合、「ただ待つ」というのがベストな対処法になる場合も。トラブルが解消したら、同様のトラブルに悩まされないよう、しっかりと対策しましょう。

 

水道の凍結を予防するためには、保温性能を高めるのがベストです。それが難しいときには、「水を少量ずつ出し続ける」などの対策をとるのがオススメです。

 

根本的な解決はリフォームもオススメ

 

凍結トラブルを解決することができてたら、次に意識したいのが「どうすれば今後のリスクを軽減できるのか」という点です。困った凍結トラブルは、家の内部で起きるケースも多いもの。家の中の保温性能を高めて、寒さを遮ることで、リスク回避につながるでしょう。

 

たとえば最新のユニットバスは、保温性能にもこだわったものが増えてきています。寒い冬であっても、凍結リスクを少なくできます。またトイレは、個室全体の保温性能をアップするのがオススメです。寒い冬に、温かいリビングから寒いトイレへと移動すると、ヒートショックを起こしてしまう可能性も。思い切って保温性能を高めることで、健康的な生活を守ることにもつながるでしょう。

 

水道についても、同様のことが言えます。岐阜県瑞浪市から中津川市にかけてのエリアは、確かに冬の寒さは厳しいですが、雪国と比較すると条件は緩いです。リフォームで断熱性能を高めるだけでも、室内での凍結リスクは格段に減少できるでしょう。

 

冬の寒さの中でも快適な生活を守るため、また不意の余計な出費を抑えるためにも、ぜひ積極的に検討してみてください。

 

まとめ

 

真冬の凍結トラブルを防止するためのリフォームもご提案しています。岐阜県瑞浪市・恵那市・中津川市における各種リフォーム工事は、アイギハウジングへとお任せください。

 

思い切ってリフォームを行うことで、冬の光熱費削減効果も期待できます。家族みんなで、快適な生活を楽しむことにもつながるでしょう。

 

どんなリフォームをすれば効果的なのか、アドバイスも実施中です。まずはお気軽にご相談ください。

リフォームコラム一覧を見る