リフォームコラム
--Column--

じゅらく壁からのリフォーム、じゅらく壁へのリフォーム、それぞれの魅力や知っておきたいこと

2016年4月26日

じゅらく壁からのリフォーム01

昔ながらの和室に欠かせないものといえば、「畳」と「じゅらく壁」です。
イ草のニオイが香る青々とした畳と、独特の風情を感じさせてくれる砂壁……。
日本に伝わる、伝統的な住まい、といった雰囲気ですね。

 

中津川市や恵那市には、豊かな自然と美しい田畑が数多く残っていますから、そうした雰囲気とも絶妙にマッチしている住まいだと思います。
しかし一方で、古くなってしまったじゅらく壁にはさまざまなトラブルも付き物です。

 

今回はそうした、じゅらく壁のリフォームについてお伝えしようと思います。

   

じゅらく壁……こんなサインがリフォームの合図!?

  

「じゅらく壁」と聞いても、イマドキの若い人の中には「それっていったいどんな壁なの?」と思われる方もいるかもしれませんね。

  

じゅらく壁からのリフォーム03じゅらく壁とはもともと、安土桃山時代以降に聚楽第付近の土を使って仕上げられた土壁のことを言いました。
近年では、土の産地にこだわらず、和室などで使われる「土壁」のことをじゅらく壁と言います。
混ぜる土の色によって、壁の色を微妙に変化させることができるのも、魅力の一つです。
日本に古くから伝わる伝統的な壁で、「見ているとなんだか心落ち着く」なんて方もいるかもしれませんね。

  

しかしじゅらく壁の原料は「土」です。
物や人がぶつかれば、ぽろぽろと壁が崩れてしまうケースもありますし、汚れが目立ったときにも、クロスのように簡単に張り替え、というわけにはいきません。
プロにリフォームをお願いするのが手軽で安心できる方法ですね。

  

リフォームのサインとしては「汚れが目立ってきたとき」「壁にひび割れが発生したとき」、さらに「壁がぽろぽろと崩れてくる」などのポイントが当てはまります。
気になることがあれば、まずはリフォームのプロに相談してみるのが良いでしょう。

   

じゅらく壁、リフォームの方法とは

  

さて、次は気になる「じゅらく壁のリフォームの方法」について紹介します。
じゅらく壁をリフォームする場合、人気が高いのは「クロスへの張り替え」ですね。
じゅらく壁の雰囲気はとても良いものですが、メンテナンスのしやすさを考えると、クロスを選択される方も多いものです。

  

先ほどもお伝えした通り、じゅらく壁は土壁です。
特にメンテナンスの時期を迎え、壁が崩れかけているような場合、単純にそのうえにクロスを貼るだけではすぐにはがれてきてしまいます。
きちんと下地を施工し、そのうえに丁寧にクロスを貼っていく必要があります。

  

またじゅらく壁から珪藻土や漆喰塗にしたいと希望されるお客さまもいます。
この場合も、すでにあるじゅらく壁を一度剥がすのが基本の工程となります。

   

和室から洋室へのリフォームも人気

  

じゅらく壁からのリフォーム02
  

じゅらく壁のリフォームを検討する場合、いっそのこと、部屋全体を丸ごとリフォームするというのも一つの方法です。
特に古い日本家屋では、「和室の続き間にちゃぶ台を置いて、家族みんなでそこで食事をとる」なんてシーンが一般的でしたね。
ジブリ映画の「となりのトトロ」に出てくるようなシーンといえば、想像を膨らませていただけるでしょうか。

  

しかし高齢化が進む今、畳に直に座って生活するスタイルは、ひざや足への負担も大きいものです。
フローリングの洋室に、イスとテーブル、ベッドを置いて生活した方が、「暮らしやすい」と感じる方も多いのが事実です。

  

じゅらく壁をクロス貼りへとリフォームし、さらに畳をフローリングへと変更すれば、和室を洋室へとリフォームできます。
同様に押し入れをクローゼットに変更すれば、個人の収納空間もしっかりと確保できるでしょう。
せっかくリフォームを検討するなら、「今の家族の生活スタイル」に合う空間をイメージしてみるのもオススメですよ。

   

あえて和の雰囲気を……クロスからじゅらく壁へのリフォームもオススメ

  

さて、ここまでは「じゅらく壁から別のものへのリフォーム」について紹介してまいりました。
しかし一方で、「一般的なビニールクロスからじゅらく壁へのリフォーム」を希望するお客さまもいらっしゃいます。
じゅらく壁には、ビニールクロスにはない苦労がある一方で、「天然素材ならではの味やメリット」が存在しているからです。

  

じゅらく壁には、室内の湿度を安定させる働きがあります。
湿気が多い時には壁の中に水蒸気を取り込み、そして乾燥しているときには吐き出してくれる、というわけですね。
じめじめした時期が多い日本の気候にも、ピッタリの壁だと言えるでしょう。

  

また、化学製品などを含まないものを使えば、今話題のシックハウス症候群を減らすことにもつながります。
このほかにも、一般的なクロスと比較して長い期間使える、防火性能や防音性能を高められるというメリットもあります。

  

微妙な調整で好みの色に仕上げることもできますから、特に「和の雰囲気」にこだわって家を作りたい方にとっては、魅力的に映るのでしょうね。
新築時に取り入れることができなくても、生活が落ち着いたあと、リフォームで取り入れることが可能です。
こだわりの和室を、さらにお気に入りの空間にすることもできるでしょう。

   

最後に

 

中津川市や恵那市で「じゅらく壁からのリフォーム」、そして「じゅらく壁へのリフォーム」を検討するなら、ぜひアイギハウジングにお任せください。
何より安全性に配慮して、施工をさせていただきます。
内装が一新すれば、お部屋全体の雰囲気も明るくなるものです。
家で過ごす時間が、もっと楽しいものになりそうですね。

リフォームコラム一覧を見る