リフォームコラム
--Column--

お宅の窓サッシは結露しませんか? 手軽にできる対処法から本格リフォームまで

2020年12月15日

窓サッシの結露にお悩みではありませんか?結露を放っておくとカビや黒ずみなどが発生して、ご家族の健康を害するトラブルにつながることもあります。今回は窓サッシの結露対策として、手軽にできる対処法から本格的なリフォームまでを解説します。

 

 

窓サッシの結露の原因は「温度差」と「湿気」

 

冷たい水が入ったグラスを放置していると、空気中の水蒸気がグラスの冷気で冷やされ、表面に水滴ができますね。結露の仕組みもこれと同じで、室内の暖かい空気が冷たい窓サッシで冷やされ、空気中の水蒸気が水へと変わります。

結露を放置すると、カビが発生したり、木材が腐食したりといったトラブルへとつながります。窓サッシに限らず、浴室やキッチン、トイレ、洗面所など、家の中で温度差の激しい箇所や湿気がこもりやすい場所は結露が発生しやすくなっています。

 

つまり、家の中の「温度差」と「湿気」を解消することが、結露対策において重要となるのです。

 

簡単にできる窓サッシの結露の対処法

 

窓サッシの結露の発生を防止するために、まずは簡単にできる対処法から実践してみましょう。

 

【こまめに換気をする】
今すぐ実践できる結露の対処法は、こまめな換気です。キッチンや浴室、室内干しをしている部屋などは湿気がこもりやすく、結露が発生しやすい環境が整っています。換気扇を回したり、短時間でも窓を開けたりして、こもった湿気を逃しつつ、窓サッシまわりと室内の暖かい空気との温度差を解消しましょう。

 

【除湿をする】
室内干しをしているときや、窓を開けて換気ができないときは、除湿機の利用が効果的です。除湿機を活用すれば、室内の湿度が高まるのを防ぐだけでなく、室内干しの洗濯物を効率的に乾かすこともできます。

家電量販店やホームセンター、通販サイトなどで購入できる一般的な除湿機は、1台あたり5,000円~20,000円です。

 

【結露防止シートを貼る】
窓サッシの結露対策になるDIYとして、断熱効果のある結露防止シートを貼るという方法があります。
結露防止シートは、窓に貼るだけで断熱性を高め、結露を防ぐことができます。また窓サッシまわりの断熱性が高まることにより、室内の暖かい空気が冷たい外気に冷やされにくくなるため、暖房効率も高まります。

結露防止シートはホームセンターや通販サイトなどで販売されており、1枚あたり1,500円~3,000円で購入できます。

 

本格リフォームで結露の原因を根本から解消

 

簡単にできる対処法では結露を防ぎきれない場合や、根本的な結露対策をとりたい場合は、窓サッシまわりの断熱性能を高めるリフォームがおすすめです。結露防止になることはもちろん、暖房効率アップにもつながり、光熱費の節約にもつながりますよ。

 

【窓サッシの交換】
古い窓サッシはアルミニウム製やスチール製が多く、結露が発生しやすいというデメリットがあります。これを断熱性能の高い樹脂製のサッシに交換することにより、結露を防止できます。

サッシ枠のみを交換するリフォームの費用は、5万円程度が相場です。また、古いサッシに新しいサッシをかぶせて、新しい窓を取り付ける「カバー工法」の場合は、10万円~20万円程度かかります。

 

【二重窓の設置】
二重窓の設置リフォームでは、既存の窓の内側にもう一つ窓を追加します。窓と窓の間にできる空気層が断熱効果を発揮することにより、窓サッシまわりが温度差の影響を受けにくくなります。

二重窓の設置にかかる費用は、1ヶ所あたり8万円~15万円が相場です。

 

まとめ

 

「窓サッシまわりの結露をなんとかしたい!」というお悩みをお持ちの方は、まず換気や除湿、結露防止シートなど簡単にできる対処法からお試しください。応急処置的な方法ではありますが、ある程度の結露は防ぐことができます。また、根本的に結露対策をしたい場合は、窓サッシまわりのリフォームがおすすめです。

 

アイギハウジングでは、岐阜県瑞浪市・恵那市・中津川市エリアを中心に、窓サッシまわりのリフォームのご相談を承っております。結露でお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

リフォームコラム一覧を見る