お手入れ豆知識

その他のお手入れ

掃除の手順

効率よく掃除をするには、汚れを広げない手順を工夫することがポイントです。 ホコリは上から下に落ちてくるので、天井、壁・襖・障子、テーブル・ソファ、そして床の順に掃除をするのが基本です。また、家全体で考えた場合には、寝室、リビング、玄関というように、中から外へと掃除機がけや、はき掃除を行います。床の拭き掃除やはき掃除は、モノを移動する時には、隅から始めて中央へ、モノを移動しない時には奥から部屋の出入り口に向けてするのが合理的です。

汚れを予防するお手入れ

お手入れをラクにするためのポイントのひとつに、汚れそうな箇所には、あらかじめ汚れを防ぐ工夫をしておくことです。例えば、換気扇には汚れ防止用のコート剤を塗っておいたり、襖の取っ手まわりには揆水剤をスプレーして汚れをつきにくくしておきます。また、キッチンまわりの家電には、使わない時にクロスなどをかぶせて、ホコリや油汚れを防ぎます。 玄関収納ユニットや洗面キャビネットの棚に、紙を敷いておけば、汚れ防止に効果的です。ちょっとした工夫やひと手間で、掃除がとてもラクになります。

排水マスのお手入れ

排水マスにゴミや泥などがたまっていると、スムーズに排水ができず、詰まる原因にもなります。 また、ゴミや落ち葉など放っておくと大雨などで水があふれる原因にもなりますでの、気をつけましょう。 時々、水を流して、排水状態を確認しましょう。また、キッチンや浴室、洗面室の排水マスは、油分や石けんカスなどが付着し、汚れがたまりやすいので、定期的に掃除をするようにしましょう。まず、排水マス内のゴミを取り除き、泥はスコップですくい出します。次に、マス内や排水管に付着した汚れをナイロンタワシか太めの針金でこすり落とし、最後に水を流しておきます。

配水管のお手入れ

ゴミや髪の毛がたまると排水管がつまり、水の流れが悪くなります。2~3ヶ月に1度を目安に、排水パイプ用クリーナーで洗浄します。もし排水管がつまった場合は、トラップをはずして掃除します。 その際、たまっている汚水が流れるので、バケツを用意しておきましょう。

水栓器具のお手入れ

水栓器具の普段のお手入れは、乾いた布で汚れや水滴を拭き取る程度で充分です。汚れが目立つ場合は、粒子の細かい練りハミガキやクリームクレンザーを古い歯ブラシにつけて軽くこすり、水洗いし、水滴の跡が残らないよう、から拭きします。蛇口の裏側やネジ部分の汚れは、歯ブラシで磨くのも効果的ですが、30cmぐらいの長さに切った古いストッキングにクリームクレンザーを付けて、靴みがきの要領で左右に動かしながら磨くときれいになります。蛇口にはメッキ処理が施されているので、金属タワシなどキズの原因になるものは使わないようにしましょう。

洗面室の鏡のお手入れ

鏡やキャビネットの汚れは、洗面室に乾いた布を常備しておき、気づいたら手早く拭き取ります。また、あらかじめ車の窓用スプレーをひと噴きしておくと、汚れの付着や曇り防止に効果があります。くもり止めヒーターを使わない時は、必ず電源スイッチを切っておくようにしましょう。

便器のお手入れ

便器の汚れはトイレ用洗剤で、内側はブラシ、外側はお掃除シートや布でお手入れするのが基本。特に便器の内側にこびりついた汚れは、トイレットペーパーを張り付け洗剤をかけて、よく浸透するまで放置。その後、ブラシでペーパーごとこすります。 意外と見落としてしまうのが、便器の裏側やフタのちょうつがいの部分の汚れ。便器の縁の裏側はブラシではこすりにくいので、ゴム手袋の上に軍手をはめ、トイレ用洗剤をつけて直接こすると、奥のくぼみまで手が届き、隅々まできれいにできます。便座とフタのちょうつがいの隙間のお手入れには、輪ゴムでボロ布を巻き付けた割り箸を使うと便利です。トイレ用洗剤をつけてゴシゴシこすればきれいに汚れを落とせ、また、歯ブラシに比べると水ハネも少なくてすみます。また、便座のお手入れには、トイレ用洗剤を使わないでください。プラスチック部の劣化・破損の原因になります。

トイレの床のお手入れ

トイレの床のホコリ取りには、粘着テープが便利。粘着面が外側になるように輪にしてポリ袋に貼り、袋に手を入れてたたきながらホコリを取ります。その後タイル床はトイレ用か浴室用洗剤で、ビニール樹脂やフローリングの床は住居用洗剤で固く絞ったぞうきんで拭き、水拭きで仕上げます。

塀のお手入れ

コンクリートや石の塀は時々水洗いし、汚れが目立ってきたらタワシや洗車用ブラシに住まいの洗剤をつけてこすり、水で洗い流します。コンクリートブロックは吸水性があるため汚れを放っておくと、浸透して落としにくくなります。早めにお手入れしましょう。

浴室小物のお手入れ

洗面器やイスなどの浴室小物には、湯アカなどがたまりやすいものです。しつこい汚れの場合は、ティッシュペーパーを汚れている部分に張りつけ、浴室用洗剤をスプレーして、しばらく置きます。汚れが浮きあがってきたら、ティッシュペーパーをはがしながらこすります。最後に、水洗いします。

お手入れ豆知識一覧を見る