システムバスと在来浴室

こんにちは、せんかです。
お風呂のリフォームの時に、UBという文字や在来浴室という文字を目にするかもしれません。
UBとはユニットバスの略で、工場であらかじめ、壁・天井・浴槽・床などを作っておき、
現場でそれを組み立てる浴室のことです。
システムバスとも呼ばれています。

アパートなどはトイレも一緒に入っているので、
UB=トイレも一緒と思われる方も多いんですが、
バス・トイレと別になっているものもUBと書いてあります。

システムバス(ユニットバス)はリフォームの工期が短く、
デザイン的にも機能的にも優れたものが多く出ています。
しかし、既製品となっている為、レイアウトの自由度はありません。
浴室スペースにあわせて変えることができない場合がほとんどですが、
あわせることが出来るものもあります。
ここは是非リフォーム会社や工務店に相談してみてください。
もちろんアイギハウジングもご相談をお待ちしています。

在来浴室とは、在来工法で仕上げた浴室のことで、躯体の上に下地材で防水を行ない、
その上にタイルなどを貼って仕上げたものです。
浴室内のデザインやレイアウトの自由度は高いのですが、
防水の面を見ると、システムバスには劣っています。
床、壁などのつなぎ目がどうしてもあるため、
経年劣化で目地が取れたり、タイルのヒビ割れ、
継ぎ目のゴムの部分 (コーキング) の剥がれ等が起きます。
防水処理をはじめに徹底に行うこと、そして早めのメンテナンスが重要です。
また工期が長くなり、材料費がかさむなどでコスト面では高くついてしまうということも。

工期を短く、リフォーム費用も安く、暖かくしたい!
それならシステムバス(ユニットバス)をオススメします!