介護リフォーム 補助金について

こんにちは、せんかです。
介護リフォーム、本日は補助金についてお話します。
在宅で介護をすることになったとき、住まいのバリアフリー化が必要になるかと思います。
段差の解消や手すりの設置については前回お話しましたね。「要支援」または「要介護1~5」と認定された在宅の方がバリアフリー工事を実施する場合に、介護保険により20万円を限度として、その費用の9割が支給されます。
この20万円は一度に使い切る必要はありません。
さらに、「要支援」「要介護1 ~5」のランクが3段階以上あがったときや、転居した場合などは改めて20万円まで補助金をを受けることができます。

<受給対象者および助成額>
受給に関して以下の条件を満たす方が対象になります。

・要介護認定で「要支援・要介護」と認定されていること
・改修する住宅の住所が被保険者証の住所と同一で、本人が実際に居住していること
・助成額の限度は工事費用最高20万円(支給額18万円) *工事費の9割を支給

<受給対象となる介護リフォーム>

・手すりの取り付け
・段差の解消
・滑りの防止及び移動の円滑化のための床材の変更
・引き戸等への扉の取り替え
・洋式便器等への便器の取替え

その他、下記の1から5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修
(1)手すりの取り付けのための壁の下地補強
(2)浴室の段差解消(浴室の床のかさ上げ)に伴う給排水設備工事
(3)床材の変更のための下地の補強や根太(床板を支える横木)の補強
(4)扉の取替えに伴う壁又は柱の改修工事
(5)便器の取替えに伴う給排水設備工事(水洗化又は簡易水洗化に係るものを除く)便器の取替えに伴う床材の変更等

ただし、リフォーム改修、バリアフリー工事の内容については条件がありますから、
必ず事前にケアマネージャー(介護支援専門員)などに確認しておきましょう。
また手すりの設置なども、施工する場所によっては障害物となってしまう場合もありますので、まずはリフォームの専門業者アイギハウジングリフォームしま専科にお問い合わせください。