キッチンの床材の特徴

こんにちは、せんかです。
キッチンの床は家のなかでも特に汚れがつきやすく、取り除き難いところでもあります。そのため床材にどのようなものを選べばいいのでしょうか?そのためにそれぞれの床材の特徴を把握しましょう。
・クッションフロア(合成樹脂)…表面がビニール材で手入れしやすく、水に強いのが特長です。キッチン床材のオーソドックス派ではあるもの、柄によっては安っぽい感じもあります。柄もフローリング風をはじめ、多彩です。
・フローリング(合板)…水には強いですが、油性の汚れが付き易いのが難点です。また表面上、木質なので温かみのある印象はありますが、傷などが付き易く、目立ちます。価格は無垢材より安価です。
・フローリング(無垢材)…1枚木材でつくる床材です。裸足でも感触がよく、上品で合板に比べ、傷の心配がいりません。しかし水が染み込みやすく、価格は高くなります。
・タイル…汚れにも傷にも強いものの、目地の汚れには注意が必要。また、感触が冷たいため、寒い季節のことを考えての暖房対策が必要の場合があります。
・コルク…表面加工で従来より汚れに強くなった商品が登場しキッチン床材としても見直され始めています。感触の良さは床材の中でも一番高評価。但し、価格的には、クッションフロアや合板フローリングより高めになります。
お手入れのしやすさ、カラートーンも考慮にいれて選びましょう。