キッチンタイプ別メリット・デメリット

こんにちは、せんかです。
キッチンにはさまざまなタイプの型があります。今回はそれぞれのタイプのメリット・デメリットをご紹介し、現在の家のスペースを活かした使いやすいキッチンをリフォームのときは選びましょう。
コンロとシンクが一列に並んだⅠ型は設置コストが安く済みますが、作業スペースが狭くなります。
コンロとシンクが二列に並んだⅡ型は作業スペースを広くとることができますが、I型に比べキッチンの面積が多く必要です。
コンロとシンクが直角に並んだL型やキッチン台をコの字に配置したU型は、直角部分の収納がしにくかったり、調理スペースが狭かったりとデメリットがあり、キッチンを設置するスペースが多く必要だったりします。最近では、コンロとシンクを壁面から離し、キッチンの中央に置くアイランド型、シンク・冷蔵庫・コンロをⅡ型、L型、U型に並べ、一部を壁から突き出すペニンシュラー型は大人数で作業をすることができますが、その分設置スペースが必要となります。
では、このキッチンの型をどのようにして選ぶのか。キッチンのスペースが限られている場合無理に設置スペースが必要なものを選んでしますと以前より余計に狭くなってしまったり、作業スペースが狭く動きが多くなったりと使いにくくなったりしてしまうので、どのようにして使いたいかプラスキッチンスペースを考えて選ぶようにしたいです。