窓の防犯

こんにちは、せんかです。
昨日は18日、毎月18日は防犯の日です。
空き巣の住宅侵入はガラス破りが70%を占めています。それを防ぐためにまずは窓に対策が必要となります。従来のペアガラスは防犯効果があると言われていますが、より強化するために防犯性能をあるペアガラスを選びましょう。ペアガラスは全く割れないというわけではありませんが、割るのに時間がかかるため、侵入を諦めさせることになります。
トイレはお風呂場などにある小窓でも侵入されることはあるので、必ず面格子を付けましょう。そしてその面格子は取り外しにくいものにしましょう。
また、窓には二重ロックをすることもおすすめです。サブロックはサッシの下部に設置され、サブロックのおかげでクレセント錠を回してもサッシが開かず、侵入されにくくなります。防犯意識がある家庭だと空き巣に認識させることは重要ですので、是非リフォームの際には防犯も意識してリフォームしてください。