家庭内事故を防ぐリフォーム

こんにちは、せんかです。
家庭内にはご年配の方やお子さん以外にもその家に生活する人にとっては危険がいっぱい潜んでいます。家のなかでひやりとした経験はないでしょうか?
家庭内事故が特に多い場所は階段で、足を踏み外したり、足元がみえなかったりが原因です。事故を防ぐために、手すりをつけることはもちろん、足元がよく見えるように足元灯を設置、滑りにくくするために滑り止め、カーペットをひく、階段の床材を滑りにくいものに変えるなどといったリフォームができます。
次に浴室やキッチンも事故が多いです。浴室は石けんや水などで滑ることがあるので、動作をする箇所それぞれに手すりをつけたり、転倒したときにさらなる怪我を防ぐためにガラス製品や先のとがったものを排除する必要もあります。最近のバスルームは滑りにくい床、段差のない出入り口、つかみやすい浴槽フチ、またぎやすい浴槽の高さなど浴室内での事故を考えた設計のものがほとんどです。
家族が安全に暮らせるようリフォームをしませんか?