耐震リフォーム

こんにちは、せんかです。
東日本大震災から2年が経過し、この地方でもいつ大きな地震が起きるのかと心配され防災グッズを用意されている方を大勢いると思いますが、家に対しても地震の備えについて関心を持っている方は多いと思います。
既存にある家を地震に強くするためにアイギハウジングでは耐震補強を行っています。
ではどんな建物が地震に弱いのかというと、1981年6月以前に建てられた家。軟弱な地盤に建てられた家は地震の揺れに弱いので壁量を50%増しにする必要があります。1階より2階のほうが出っ張っている家は不安定になりやすいです。1階に店舗や駐車場や大きな窓がある家は壁が少ないため耐震性に乏しいといわれています。2階が小さく、1階が大きい家や土台や柱がシロアリに食べられていたり、雨漏りなどがあったりすると家の強度が弱くなります。補強としては、基礎を補強したり、揺れで柱が抜けないために柱と土台を補強したり、筋交いをいれたり、屋根材を軽量なものにかえたりします。
家の状態によって補強は違ってくるので、まずはアイギハウジングにご相談ください。