失敗したくない収納リフォーム

こんにちは、せんかです。
リフォームをするときに物をしまいやすく、家の中をすっきり見せるために収納スペースを広くとることは重要なことですが、扉や奥行、出し入れ動作を踏まえずリフォームしてしまうと全く使わない収納スペースとなってしまうことがありますので注意が必要です。
脚立を使わないと取り出せない収納、屈まないと取り出せない収納などは余計な動作が必要となりだんだん使用しない収納スペースになってしまうので、電動昇降式にするなど工夫が必要です。奥行が有り過ぎるのもいらない、使わない、賞味期限が切れているものの置き場になりデッドスペースになります。日々使う物の取り出し場所としては奥行を考えないといけません。そして、収納スペースに取り付ける扉も重要です。扉を開けるとベッドに当たる、通路の邪魔になるなどを考え、適材適所に扉は選びましょう。
アイギハウジングではお客様にとって最善のリフォームプランをご提供しますので、お気軽のご相談ください。