冬でもトイレは暖かく、省エネを!

こんにちは、せんかです。
今年最後のコラムになりました。来年も皆さんのお役に立つ情報をご紹介できるようにしたいと思います!
さて今年最後のコラムです。
以前、ヒートショックについてお話をしましたが、トイレでのヒートショックを防ぐために便座の温度をいつもより高くしたり、常にトイレ室を暖めておいたりして防ぐことは大切ですが、その分光熱費が高くなってしまいます。そのためにトイレも省エネ・節約について考えなくてはいけません。
まずトイレの便座は使い終わったら、必ずフタを閉めましょう。閉めておけば、熱が逃げにくく低い温度でも暖かくなります。最近のトイレには省エネモードがついているので、それだけでもお得です。就寝中や外出中はタイマー節電すると、一定時間暖房便座や温水タンクへの通電を停止するなど、節電することができます。また自動節電といってトイレを使わない時間帯をみつけて、自動で温度を下げてくれる機能もあり、現在のトイレは賢い節電機能がいろいろついています。たくさんの種類の省エネ・節水・節電トイレがありますので、ご相談はアイギハウジングにお任せ下さい。