住まいの工夫でヒートショックを防ごう

こんにちは、せんかです。
「ヒートショック」という言葉を近年ニュースなどから聞く方は多いと思いますが、室内の急激な温度変化が体に及ぼす影響のことをいい、年間1万人以上の方が亡くなっていると言われています。
ヒートショックが起きやすい場所はトイレ・洗面室・浴室です。日本では、多くの家庭の浴室・洗面などの水周りは北側に配置されていて、暖房設備をつけないことが多く、これもまた原因と言われています。冬場に多いヒートショックを防ぐための方法を今回ご紹介したいと思います。
トイレですが、余ったコンセントがあれば狭いトイレにも置けるコンパクトサイズの電気温風機があります。消臭機能や自動停止機能がついているものもあるので、消し忘れを防止することもできます。またトイレ便器自体に室内暖房がついているものがあるので、それに替えることによって暖房のほかに節水や汚れがつきにくく掃除しやすかったりとうれしい機能がついています。
浴室・洗面室の暖房機は温度を一定に保つことでき、浴室で洗濯物を乾かす、カビの発生やにおいの防止、夏の入浴時の暑さ対策ができ、洗面室の暖房機は暖房予約ができて、朝に便利な機能がついています。
トイレ・洗面室・浴室は毎日何度も行き来する場所ですので、対策を考え家族をヒートショックから守りましょう。