自宅の防犯

こんにちは、せんかです。
今回はご自宅の防犯について少しご紹介します。
侵入者がどんな手口で、どんなところから、いつ侵入するのかを考えながら今からできる防犯対策や防犯対策を意識したリフォームをして自分を、大切な家を、財産を守っていきましょう。
空き巣被害が多い場所はマンションや一戸建て住宅です。それぞれ対策に多少の差異はありますが、基本的なことはちょっと出かけるときでもしっかりと施錠をすること、昼寝をしたり、シャワーを浴びたり、庭で作業をしているときでも開けっ放しの窓や玄関から侵入されます。こういった無締りのときが最も被害が多く、次に多いのがガラス破りです。一般的な窓ガラスや鍵だと簡単に窓を叩き割ったり、ドライバーでこじ開けられたりしますので、防犯ガラスに変えたり、防犯フィルムを張ったり、補助錠をつけたりして侵入者が侵入をあきらめる要因をたくさんつくりましょう。
侵入者は人の目・光・音に敏感になっています。
敷地内に入ることを防ぐためにフェンスや塀を低くしたり、木々に囲まれているのであれば、外から中を見易いように伐採したりするのも防犯対策です。
どうしても死角になるところには玉砂利を敷き詰めて歩くと音がするようにしておきましょう。他にもセンサーライトを設置するのも良いです。
また、侵入者は2階から侵入する場合もあります。ですので、2階に容易に上がれる足場となるような高い塀やカーポート、木なども注意が必要です。
安心安全な生活が送れるように日頃から防犯を意識して生活をしていきましょう。