失敗しない壁紙クロスの選択方法②

こんにちは、せんかです。
前回に引き続き、壁紙クロスについてのお話です。
今までは無難な壁紙クロスだったらから、今回は思い切って柄物の壁紙クロスをしよう!と思って、替えてみたところ柄が目立つという失敗例も多くあります。
大きい柄にしたら部屋が狭く感じられたり、小物がたくさん置いてある部屋に柄物の壁紙クロスをしたら、物が多い部屋に見えたり煩雑に見えたりと色々あります。
そこで柄物の壁紙クロスを使用する場合は、部屋の大きさ、柄の大きさ、柄物の占める面積のバランスを考えて選択しましょう。
大きな部屋には小柄、小さな部屋には大柄にすると違和感を覚えます。そんなときは柄の部分と無地の部分で貼りわけをしましょう。また、壁紙クロスに色数が多いのも落ち着きがないのでその点も注意しましょうね。