リフォームコラム
--Column--

健康面でもメリットいっぱい! 断熱リフォームを検討してみよう

2018年2月26日

リフォームを検討するお客さまにとって、関心が高い項目といえば「断熱性能の高さ」です。「せっかく新しい環境にするなら、快適に過ごせる空間が欲しい!」と思うのも、当然のことだと言えるでしょう。断熱性能の高さといえば、「省エネ」「ランニングコストの低さ」など、さまざまなメリットを思い浮かべる方も多いはず。今回はその中でも、意外と知られていない「断熱性能と人間の健康との関連性」について紹介します。

 

16b554eea65f1b8745ec11f05d9540a9_s

 

冷えは万病のもと

 

9f2de8c775f707cbc29634d529f168ad_s古い時代から言われている言葉に、「冷えは万病のもと」というものがあります。身体の芯から冷えれば、全身の血流は滞り、酸素や栄養がうまく行き渡らなくなってしまいます。

 

すぐにその影響を実感することはありませんが、長い年月の間に少しずつダメージが積み重ねられてしまうでしょう。気付いたときには、生活の中のあらゆる場面で、不調を実感するようになってしまいます。

 

冷えが人間にもたらす不快な症状としては、

・肩こり
・頭痛
・体のだるさ
・胃痛
・生理痛
・すぐに風邪をひく

 

これらの症状が当てはまります。「冷え」が原因とは気づかないまま、「仕方がないもの」としてただひたすら耐えている方も多いのかもしれませんね。

 

住宅環境が「冷え」の原因になることも

 

1c05139597fb374c93c1c36b72bdae2d_s問題は、なぜこのように「冷え」が引き起こされてしまうのかということです。慢性的に冷えに悩んでいる「冷え性」の方は少なくありませんが、なぜ自分が冷え性なのか、原因を知っている方は限られています。

冷え性になる原因としては、以下のような項目が挙げられます。

 

・筋力不足
・エネルギー不足
・自律神経の乱れ
・代謝の低下

 

またこれらの項目以外にも、「寒さが厳しい環境の中で、長期間過ごす」ことも冷え性の原因になると言われています。断熱性能の低い「寒い家」で冬を越そうとすれば、当然寒さを我慢する機会も増えることでしょう。人間には「寒い場所に行っても、体温を一定に保つ機能」が備わっていますが、まず守られるのは生命維持に必要な臓器。手足の先までは、血流がうまく回らなくなってしまいます。

 

このような状態が長く続けば、そのまま慢性的な冷え性に移行してしまう可能性も高いと言えます。断熱性能の高い家で一年中快適に過ごすことが、冷え撃退の大きなポイントとなるでしょう。

 

ヒートショックの予防以外にも、さまざまな健康効果が期待できます

 

断熱性能の高い家がもたらす健康効果といえば、「ヒートショックの予防」がもっとも有名です。家の中の温度を一定に保ちやすいことで、温度差による急激な体への負担を軽減することができるでしょう。寒い冬には、ヒートショックは死をもたらす怖いもの。住環境で予防できれば、住む人にとっての非常に大きなメリットとなります。

 

またこれ以外にも、断熱性能の高い家はさまざまな健康効果をもたらすことが、徐々に明らかになってきています。近畿大学の教授が行った調査によると、高断熱高気密の家に引っ越したあと、気管支喘息やアトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎など、さまざまなアレルギー症状の改善を感じる方が多いことがわかりました。この改善率は、断熱性能が高い家へと引越しした人ほど高くなっており、断熱性能と健康状態に関わりがあることを示しています。住まいの温度を一定に保ちやすいことで、冷えが改善し、さらに衣服によるストレスが軽減したことで人体にとって良い効果が生まれたのでは、と考えられています。

 

介護の予防にもつながる高断熱住宅

 

断熱性能を高めると、室内は、冬でも快適な温度を保ちやすくなります。部屋を温めたり冷やしたりするのに必要なエネルギー量も少なくて済みますから、エアコンなどの機器もコストを気にすることなく使えるでしょう。冬温かく夏涼しい家の中では、高齢者にとっても「自分で動きやすい環境」が整っていると言えます。住宅の断熱性能を高めることで、高齢者の冬場の動作速度を上げる効果があるとされており、行動が活発になることがわかっています。

 

高齢者の介護を予防するために重要なのは、高齢者自身の「自分で動きたい」という気持ちを大切にすることです。高断熱で快適な室内空間であれば、ごく自然にこうした環境を用意できると言えるでしょう。自分で動ける家は、これから介護をする必要があるかもしれない若い世代の家族にとっても、将来介護されるかもしれない高齢世代の家族にとっても、優しい仕様なのです。

 

まとめ

 

「断熱性能の高い家」と聞くと、「快適に過ごせる空間」や「光熱費の削減」を意識して導入を検討する方も多いことでしょう。確かにそれも、断熱性能の高い家を手に入れるメリットの一つ。これらの項目だけを目的にしても、充分に満足できることでしょう。しかし実は、メリットはそれだけではありません。人間の健康面にとっても、断熱性能の高い家は魅力的なポイントが多数あります。ヒートショックの予防だけではなく、各種アレルギー症状の緩和は、比較的若い子育て世代にとっても、関心の高い事柄だと言えます。

 

快適でお得、さらに健康にも良い高断熱の家は、「最新の断熱材や設備を取り入れた新築の家」でしか実現できないというわけではありません。実はリフォームでも、充分に対応が可能です。各種リフォームメニューの中でも、断熱リフォームは人気のメニューです。恵那市や中津川市で断熱に関わるリフォームを検討しているときには、ぜひ私共アイギハウジングにご相談ください。

リフォームコラム一覧を見る