リフォームコラム
--Column--

え?こんなものまで! リフォームに関する設備の「困った!」経験談

2018年3月25日

住宅購入直後は、新品でピカピカだった住宅設備も、時間の経過と共に、徐々に傷みが気になってきてしまいます。しかし住宅設備の取り換えは、そう簡単に行えるものではありません。「ボロボロになった洋服を買い替えるのと同様に」なんて感覚でできる方は、ごく稀だと言えるでしょう。とはいえ、傷みが気になり始めた住宅設備をそのまま使い続けていると、ある日突然故障して、思わぬメンテナンス費用が必要になることも……。今回は、そんな「困った!」事例を紹介します。

 

0666a1234bd009b530acf78b6f223105_s

 

ガスコンロの不調から始まったキッチンの不具合(50代女性のケース)

 

e2cade288752eafee1f9a9bdb064eef9_s50代女性のAさんは、30代のときに購入した自宅で生活しています。最初は何も問題なく生活していたものの、10年を経過した頃から、徐々にさまざまなトラブルが起きるようになります。特に困った経験をしたのが、「キッチン」関連の住宅設備です。

 

 

最初に不具合を感じ始めたのは、ガスコンロでした。なかなか点火できなかったり、すぐに火が消えてしまったり……。なんとか使い続けていたものの、安全性に不安を抱くようになり、交換。その後築20年にかけてレンジフードや水栓にまつわるトラブルも頻発しました。その都度メーカーに依頼して修理対応をしてきたものの、累積修理費用は気付けばかなりの高額に……。それでも「使えるうちは」と思っていましたが、住宅の節目点検で、軽微な水漏れを起こしていることがわかりました。

 

水漏れが起きていた周辺のメンテナンス費用も必要となり、さらに出費がかさむ結果に。業者の方に「キッチンの耐用年数は10年から20年程度」と聞き、「最初にガスコンロの不調を感じたタイミングで、キッチン全体のリフォームをしていたら、もっと快適で安全な生活を手に入れつつ、費用も抑えられたのかも……」と後悔しています。

 

毎日使う場所だからこそ、メンテナンスは重要(60代男性のケース)

 

9e295ea33905ec2618ab51f41fc27782_s60代男性の自宅で、現在リフォームを検討しているのは「トイレ」についてです。中古住宅を購入した際にリフォームしてもらったトイレですが、使用開始からすでに20年以上が経過しています。

 

最初に異常を感じたのは「水が流れにくくなってきた」ということです。水を流そうとしたときに異音がしたり、水流が滞っているように感じたり……。とはいえ「流せないわけではない」ことから、危機感に駆られることはありませんでした。

 

しかし住宅設備の異変は、ある日突然やってきます。いつものように水を流そうとしたところ、詰まって水が逆流したのです。あわてて業者を呼び、修理を依頼したのですが、残念ながら結果は「交換した方が良い」とのこと。住宅設備のリフォームを検討することになりましたが、「トイレが使えない」という非常に不便な生活を強いられることになってしまいました。もっと早く対応しておくべきだったと後悔しています。

 

ビルトインコンロ、もっと早く交換すれば良かった!(40代女性のケース)

 

40代女性が住宅設備のリフォームで後悔しているのは、ビルトインコンロについてです。新築当初から「なんとなく使いづらい」と感じていたものの、「まだ新しいから」とリフォームを我慢していました。次々と新しい機能が搭載されたコンロが発売されるたび、羨ましく感じていたのです。

 

何度かリフォームのタイミングを感じながらも、「まだもう少し……」と先延ばしにしていたところ、ある日突然「コンロが使えない!」というトラブルに遭遇してしまいました。もともと「リフォームしたい」という気持ちを持っていたので、費用面での戸惑いはなかったものの、リフォーム完了までキッチンが使えないというのが苦痛でした。特に子どものお弁当づくりなど、困った経験も多くあります。

 

事前にリフォームについて検討していたからこそ、「あのとき思い切ってリフォームしていれば、こんな困った経験はしなくて済んだのに」と感じています。リフォームが完了した今は快適に暮らせていますが、本当に故障して困る前に、計画的にリフォームを行うことも重要だと実感しました。リフォーム中の食事費用など、細かな出費も節約できたのでは……と思っています。

 

まとめ

 

各種住宅設備は、現代人の快適な生活を支えるために必要なものです。日々の生活の中で「当たり前」に使っているものだからこそ、ある日突然使えなくなると、身体的・精神的苦痛が増えるほか、経済的な負担も大きくなってしまいがちです。住宅設備が故障する前に、きちんとしたリフォーム計画を立てておけば、「お気に入りの設備の選定」や「よりお得で信頼できる業者選び」を行うこともできるでしょう。じっくりと時間をかけて、家族みんなの意見をまとめることも可能になります。リフォームを成功させるためには、そこで暮らす人全員の意見をまとめる必要がありますが、これは意外と難しいこと。急な故障に急かされるように決めてしまうと、後々の後悔につながってしまうでしょう。

 

住宅の設備に関するリフォームやメンテナンスで「困った!」経験をしないためにも、しかるべきタイミングで修繕や交換を検討するのはとても重要なこと。岐阜県の中津川市や恵那市にかけてのエリアで、リフォームを検討し始めたときにはぜひ私共にご相談ください。本当にリフォームが必要なのかどうかを踏まえて、担当スタッフが丁寧に解説いたします。家族みんなが納得した上で、リフォームへの第一歩を踏み出してみてくださいね。

リフォームコラム一覧を見る