お手入れ豆知識

天然素材のお手入れ

天然木のお手入れ

天然木、特に白木のテーブルは、水を多く使うとシミができる恐れがあるので、基本はから拭きでお手入れします。 半年に1度位は、やわらかい布に家具用のクリーナーやチークオイルをつけて、すり込むようにていねいに磨くと、木肌本来の美しさやツヤがでてきます。最後にから拭きします。

無垢材のお手入れ

無垢材は、湿気の多い日には水分を吸収し、乾燥している日には逆に水分を放出して、湿度を調整しています。 このように、吸水しやすい性質があるため、木の表面が水で濡れたときに、そのまま放置すると跡が付いてしまいますので、すぐにふき取るようにしましょう。 無垢材の普段のお掃除は、掃除機かほうきをかけ、その後乾いたぞうきんかモップをかけて行います。 ビニール素材の床は静電気で埃が床に張り付くこともありますが、木の床は帯電性が無い為、掃除機がけがし易いのが特徴です。 水ぶきはお勧めできませんが、汚れが気になる場合は固くしぼったぞうきんで拭くようにし、水を多く含むぞうきん、モップは使用しないようにしてください。 ワックスがけは、無垢材の塗装の種類によりますので、塗装の種類を確認したうえで行いましょう。

お手入れ豆知識一覧を見る