お手入れ豆知識

洗面所のお手入れ

水栓器具のお手入れ

水栓器具の普段のお手入れは、乾いた布で汚れや水滴を拭き取る程度で充分です。汚れが目立つ場合は、粒子の細かい練りハミガキやクリームクレンザーを古い歯ブラシにつけて軽くこすり、水洗いし、水滴の跡が残らないよう、から拭きします。蛇口の裏側やネジ部分の汚れは、歯ブラシで磨くのも効果的ですが、30cmぐらいの長さに切った古いストッキングにクリームクレンザーを付けて、靴みがきの要領で左右に動かしながら磨くときれいになります。蛇口にはメッキ処理が施されているので、金属タワシなどキズの原因になるものは使わないようにしましょう。

洗面室の鏡のお手入れ

鏡やキャビネットの汚れは、洗面室に乾いた布を常備しておき、気づいたら手早く拭き取ります。また、あらかじめ車の窓用スプレーをひと噴きしておくと、汚れの付着や曇り防止に効果があります。くもり止めヒーターを使わない時は、必ず電源スイッチを切っておくようにしましょう。

洗面室のお手入れ

洗面ボールや洗面カウンターは水アカがつきやすいので、こまめに水気を拭き取り、 汚れが目立ってきたら中性タイプの浴室用洗剤を使ってお手入れします。 ボールについた頑固な汚れはクリームクレンザー、黒ずみには漂白効果のあるレモンの 切れ端でこするのもよいでしょう。洗面ボールに固い容器を落としたり、特に冬に熱湯を 急にかけたりするとひび割れの原因にもなるので注意しましょう。 鏡やキャビネットの汚れはこまめに乾いた布で拭きとりましょう。

お手入れ豆知識一覧を見る