お手入れ豆知識

窓のお手入れ

サッシのお手入れ

サッシのレールはゴミが溜まりやすいので、こまめに掃除をしましょう。サッシレールのゴミは、サッシブラシや古歯ブラシでかきだし、掃除機で吸い取ります。汚れがひどい場合は、表面のホコリを取り除き、薄めた住まいの洗剤を布につけて拭き、水拭きとから拭きで仕上げます。 サッシがアルミの場合、金ベラやワイヤ-ブラシは、アルミの表面にキズをつけ、腐食のもとになりますから、使用は避けてください。また、アルミは金属ですから、漂白剤などの塩素系洗剤、酸性系のクレンザー、タイル洗浄剤などでお手入れすると、サッシ枠の表面塗装がはがれ、サビや腐食の原因になるので絶対に使用しないでください。(中性洗剤をご使用ください。)

窓ガラスのお手入れ

窓ガラスの汚れが気になったら、薄めた住まいの洗剤を含ませたスポンジでさっと拭きます。その後ガラス面に残った水分とともに汚れをスキージーでしごき取ります。スキージーはゴム面をガラスに密着させ、上から下へと一気に引き下ろします。スキージーを使う時は、汚れを含んだ水滴が床などに流れ落ちないように、窓ガラスの下の部分に布を当てるようにしましょう。スキージーの汚れはこまめに布で拭き取りながら作業を進めるようにします。 型板ガラスなど凹凸の多いガラスは、汚れが凹凸の中に入り込んでいます。まずホコリをはらってから、ガラスクリーナーを窓ガラスに直接スプレーして、歯ブラシでこすります。汚れが浮き出したら水拭き、その後から拭きで仕上げます。乾いた布でよく磨くと、窓ガラスに透明感がでてきます。

網戸のお手入れ

網戸は風雨にさらされ、目立ちませんが汚れている事が多い部分です。 表面の埃をはたきで取り、水を含ませたスポンジで両面から拭いてください。 力を加えるとたるみの原因になりますので、力を入れすぎないようにしてください。 しつこい汚れの場合は、網戸をレールから外して掃除を行うと良いでしょう。 網の部分だけでなく、サッシ枠の部分も絞ったぞうきんなどで拭きましょう。 網戸が破れたら張替えましょう。 アイギハウジングでは、網戸の張替え、網戸の新規取り付けも行っています。

お手入れ豆知識一覧を見る