お手入れ豆知識

キッチンのお手入れ

冷蔵庫のお手入れ

食中毒などの予防のためにも、冷蔵庫の中はいつも清潔にしておきましょう。軽い汚れは、重曹やベーキングパウダーを溶かしたお湯に浸したふきんを、しっかりと絞って拭きます。その後、水拭きし、除菌効果のある消毒用エタノールをつけた布で拭きます。 汚れがひどい時は、台所用中性洗剤の溶液をつけたスポンジで軽く拭き、充分に水拭きをして、消毒用エタノールで拭いて仕上げます。また、ドアパッキングが汚れて劣化すると保冷効果が低下する場合もあるので、パッキング部分もきちんとお手入れをしましょう。古い歯ブラシや綿棒を使うと細かい部分もきれいに掃除できます。

シンクのお手入れ

普段は水拭きする程度で充分ですが、少し汚れたら、やわらかいスポンジにクリームクレンザーをつけて、磨きます。 そして水で流して、から拭きします。見落としがちな蛇口まわりの細かい汚れを落とすのには、歯ブラシが便利です。 クレンザーか練りハミガキを古歯ブラシにつけて、水アカや汚れがたまりやすい裏側やつけ根もしっかりとこすります。最後に乾いたタオルなどで磨けばピカピカになります。

ガスバーナーのお手入れ

ガスバーナーは、油汚れ用洗剤で拭き、古歯ブラシやバーナー専用ブラシで汚れを落とします。 バーナーが目詰まりすると不完全燃焼を起す恐れがあるので、ガス穴に専用ブラシや竹串を差し込んで定期的にお手入れしてください。

コンロのお手入れ

コンロの受け皿や五徳にたまった汚れは、スポンジに台所用洗剤をつけてこすり落とし、その後水洗いします。ガンコな汚れは、油汚れ用洗剤の溶液に一晩つけておいたり、ペーパータオルなどに洗剤をしみこませて受け皿や五徳の汚れた部分に1時間程度湿布しておくと、汚れがふやけて落としやすくなります。また、大きな鍋に受け皿や五徳を入れて、水を注いでグラグラと煮ると、油汚れや焦げつきが自然に分離してくるので、ラクに汚れを落とせます。

食器棚のお手入れ

食器棚の中は意外とホコリがたまりやすく、月に一度は食器やグラスを取りだして、ふきんで水拭きし、汚れをためないようにしましょう。水拭きでは落ちにくい油汚れなどの頑固な汚れには、消毒用エタノールをスプレーし、布でこすると洗剤を使わなくてもきれいに落ちます。酢を使うのもいいでしょう。どちらも臭いがこもりがちな食器棚の消臭効果もあります。また凹凸があって掃除しにくい食器棚の戸のレールの汚れは、水に浸して固く絞ったガーゼを2枚重ねにして古歯ブラシに巻きつけて、2、3回ササッとこすれば材質を傷めずに落とせます。

給湯器のお手入れ

風呂釜に湯アカがたまると、不衛生なうえに、風呂釜の熱効率が悪くなるので、週に1度程度は水洗いをするようにしましょう。 自然循環式給湯器の場合は、循環口の上下の穴に交互にホースを差し込み、水を勢いよく注いで湯アカを洗い流します。さらに、2~3カ月に1度は、風呂釜洗浄剤を利用してお手入れしておくと、湯アカが落ちやす く、清潔に保てます。 また、強制循環式給湯器の場合は、風呂釜のお手入れは不要ですが、フィルターの掃除が必要です。長期間お手入れしないでおくと、フィルターが目詰まりし、給湯機能を低下させてしまいます。時々は、フィルターをとりはずして洗うようにしましょう。

レンジフードのお手入れ

レンジフードの汚れは台所洗剤を染み込ませたペーパータオルやティッシュペーパーをしばらく 貼り付けておくと、油が浮かんでくるので、ペーパータオルごとふき取り、あとは水拭きをすると よいでしょう。
レンジフードのなかの換気扇部分ですが、プロペラファンの場合は中性洗剤を溶かしておいたぬるま湯に カバーやファンをしばらくつけておきます。汚れが浮き上がってきたらスポンジで取り除き、 しっかりと洗剤を洗い流し、乾いたタオルで拭いてから装着してください。 グリスフィルター・シロッコファンタイプの場合も同様です。 カバーやファンを取り外すときにほこりが上から落ちてきますので、コンロの上に新聞紙などをおいて おくといいでしょう。

シンク排水口のお手入れ

排水口のゴミ収納器は一時的にゴミをためておくところですが、ほっておくとヌメリや悪臭の 原因となりますので、こまめなお手入れが重要です。
ふた、ゴミ収納器、防臭器を取り外し、クレンザーをつけたスポンジや細かなところはブラシで掃除をすると よいでしょう。 いつも調理後に洗うようにすると、清潔に保つことができます。 また油や熱湯は直接シンクに流さないように気をつけましょう。パッキンや排水ホースを傷める原因になりますし、 環境汚染の原因ともなります。

お手入れ豆知識一覧を見る