リフォーム用語集
-Glossary-

塗り壁

塗り壁(ぬりかべ)とは…
下地の上に、土などの自然素材を何層にも塗って仕上げた壁のことをいいます。
最後の「上塗り」を土で仕上げたものが「土壁」、漆喰(しっくい)で仕上げたものが「漆喰壁」です。「土壁」のなかでも良質な聚楽(じゅらく)土を使って仕上げたものが「聚楽壁」です。その他「プラスター」、「繊維壁」などの種類があります。
塗り壁は防火性、断熱性に優れ、調湿性があるなどの特徴があり、日本の気候・風土に適しています。
多孔質素材を用いた塗り壁は、さまざまな化学物質を吸収して空気を浄化するといわれ、「珪藻土」や「備長炭」を含んだ壁は特に高い効果を備えているとして注目されています。

リフォーム用語集一覧を見る