リフォーム用語集
-Glossary-

真壁

真壁(しんかべ)とは…

柱が壁の表面に現れている壁のことをいいます。
在来工法木造住宅の和室などに多く見られます。
日本では数寄屋造りや書院造りなどの伝統工法が用いられた建物に広く使われてきました。
木材が直接見られるため上質の柱を使用することが多いです。
利点として、木材が室内に出ているため木材が呼吸がしやすくなり、調質作用が促されます。弱点として、構造的には耐震性向上のための筋交いの設置が難しいということがあります。

反対に、柱が外部に現れないようにした壁のことを大壁(おおかべ)といいます。

リフォーム用語集一覧を見る