リフォーム用語集
-Glossary-

集成材

集成材(しゅうせいざい)とは…

断面寸法の小さい木材(ラミナ)を接着剤で張り合わせた木質材料のことです。
柱や梁として使われる構造用と、テーブルの天板などの家具として使われる造作用に分類されています。構造用集成材は強度や耐水性について厳しい検査基準で品質管理されています。
寸法変化が少なく取り扱いが簡単で、湾曲した形状のものも作ることができ、無駄にする木材が少ないので木を有効に活用できます。
デメリットとして、手間がかかる分無垢の木材よりもコストが高くなり、桧より耐久性に劣る木材で製造されることが多いので、桧無垢材とくらべて耐久性に劣ります。
接着剤にはシックハウス症候群の原因となるホルムアルデヒドが含まれていますが、その放散量は少ないと言われています。

リフォーム用語集一覧を見る