リフォーム用語集
-Glossary-

上がり框

上がり框(あがりかまち)とは
玄関や勝手口などから上がる段差の部分に取り付けた横木、あるいは化粧材のことをいいます。
一戸建ての場合は20~40cmの段差があるため、そこに座って靴の着脱をすることが可能ですが、
バリアフリーの観点からいうと、10cm以下が望ましいとされていて、車椅子を利用される方や高齢者のために
上がり框と玄関土間のあいだにステップやスロープ、昇降機を設けたりすることもできます。
また玄関で座って靴の着脱をしたい方のために腰掛け用の式台(ベンチ)や折り畳みイスを設置するケース
が増えています。

リフォーム用語集一覧を見る