リフォーム用語集
-Glossary-

ポスト&ビーム工法(P&B工法)

ポスト&ビーム工法 とは…

日本の木造軸組工法と同様に、
「柱(ポスト)」と「梁(ビーム)」によって、構造体をつくりだします。
丸太の力強さと構造美において人気があります。
柱と梁にホゾや継ぎ手を作り、柱と梁を構造体としてもつ日本の伝統的な軸組で建てる工法です。

ポスト&ビーム工法の特長
・構造材には直径35cmの大口径の丸ログを使用
・頑強な構造体と低重心により非常に優れた耐震性
・内壁・外壁の仕上げ材・デザインは自由
・部屋を区切らずに間取りが大きく取れる
・ログハウスに比べ丸太の本数が少なくリーズナブル

日本の防火規制でログハウスが建てられない場合に、
その代用として建設されるケースが少なくありません。
P&B工法の場合、筋交いを入れた軸組が地震や台風などの水平力を受けると、
筋交いの両端部に引っ張り、圧縮などの力がかかるため、
軸組の接合部を鋼板やボルトなどの金物で補強しています。

リフォーム用語集一覧を見る